CDをもっと楽しみたい!知っておきたいCDに関する情報をわかりやすく紹介

このサイトはもっと楽しみたい人向けに、知っておきたいCDに関する情報をわかりやすく紹介します。

近年再び注目を集めている、コンパクトディスクについての知識を深めたい人におすすめです。

音質にもこだわりたい場合には、優れたプレーヤーを選ぶことも重要になります。

またレコードのスペックの違いの比較に関しても触れているサイトです。

デジタル情報を記録するコンパクトディスクとは何が違うのか、疑問が解決できるでしょう。

CDをもっと楽しみたい!知っておきたいCDに関する情報をわかりやすく紹介

CDとは一体どのようなものなのか、レコードはどこに違いがあるのかという疑問を持っている人もいるのではないでしょうか。

CDはコンパクトディスクのことで、音楽や画像などのデジタル情報を記録するためのものです。

大きさは直径12センチのものと8センチのものがあります。

記録層には微細な凹凸があり、そこにレーザー光を当ててデータを読むことで音楽を楽しむことができる仕組みです。

レコードは樹脂で作られた円盤で、振動を刻んで溝に音を記録しています。

CDの買取価格を調べる方法は何があるか

自宅の不用品の整理をしている間、多くの人が悩んでしまうのが不用品をごみとして捨ててしまっても良いのかという点です。

特に音楽系のコレクターの場合、大量の希少なCDやレコードを良い状態で保管している可能性が高く、価値を知る前にごみとして処分してしまうのは非常にもったいないことだといわれています。

そこで自宅にあるCDの買取価格を調べたいと考えているなら、おすすめするのがバーコード番号から大体の買取価格を調べられる比較サイトをチェックする方法です。

これは査定を行っている専門店が複数提携している一括査定サイトであり、CDタイトルもしくは裏面にあるバーコード番号を入力し、商品状態を中古美品や使用感ありなどチェックするだけで簡単に一括で査定を行ってくれるため、自宅に大量にある場合でも効率よくどれが価値のあるCDなのかを把握することができます。

また買い取りを依頼せずとも、市場での査定相場をある程度把握できるので店舗に持ち込みを検討している場合にも自分で売るべきか判断することができるので便利です。

CDの需要が少なくなったのは本当なのか

CDはレコードよりもコンパクトで持ち運ぶにも便利、音もクリアできれい、劣化しにくくいつまでも聞くことができるなどの理由で、レコードを上回る販売数になりました。

しかし最近は販売数が伸び悩んでいて、購入する人の数も減っています。

なぜこのように需要が少なくなっているかというと、理由はネットの普及です。

今やインターネットで購入できないものはなく、CDもネット販売を実施していました。

購入しても音源だけをパソコンにダビングして、デジタルデータとしてスマホやデジタル音源を再生する機器に入れて聴く人が増えたため、それなら音源のみを販売する方が簡単だと成ったためです。

最近はサブスクというサービスがあり、これは毎月一定の金額を支払うとあらゆる音楽が聴き放題になるもので、CDを買わなくても簡単にどんな音楽も聴けるようになったのも需要が少なくなった原因です。

CDに動画や写真、会って握手ができるなどの特典をつけないと売れない時代になっています。

CDを保存しておく際に気をつけること

CDを保存しておくにはどうするのが良いか、気をつけるべきポイントがあるのではないでしょうか。

レーザーで記録面を読み取るCDは、指紋や汚れが付着すると読み取りにくくなり、エラーが発生することになります。

また、これらを餌にカビが生えることがあるので、使ったディスクはキレイなメガネ拭きなどで拭き取ってからケースに戻すことをおすすめします。

乾燥した環境ならカビは発生しにくく増殖も防げますから、CDは乾燥しているところを選ぶか、環境を作って保存するのが良いことになります。

一番確実なのは、カメラのレンズなどを保管するケースに乾燥剤と一緒に入れて密閉することです。

ただ、ケースに入れておけば安心と考えるのは不十分で、できれば湿度計も一緒に入れてケースの外から確認できるようにするのが望ましいです。

結局のところ湿度が低くて変化が小さい冷暗所が理想的なわけですが、冷蔵庫の中はCDに良くないガスが発生したり、思いの外湿度が高く変化も大きいので、そこは避けるのが無難ではないでしょうか。

CDとレコードを聴き比べてみよう

CDは今でも現役ですが、更に歴史が古いレコードも現役なのは何故か理由が気になるのではないでしょうか。

レコードはCDとは違った音の良さがあり、表面的なノイズだけでは測れない音質の魅力があります。

CDとレコードを聴き比べてみると分かりますが、前者は音がクリアーながらもどこか固い印象で、逆に後者は適度に柔らかくて心地良さを覚えるはずです。

また前者は音量を上げると圧迫感を感じがちですが、後者は余裕を感じさせる点に違いがあらわれます。

ノイズの量はレコードの方が多く、やはり耳を済ませるとサーッという音が聴こえたり、時々プチプチとノイズが入ります。

CDは録音時に入ってしまったもの以外のノイズはなく、あるとすればディスクの傷や汚れが原因で発生する程度です。

このように、仕組みからしてまるで異なる2種類のオーディオは、聴き比べをしてみる価値がありますし、それは音質というものを考える良い切っ掛けになるのではないでしょうか。

CDに関する情報サイト
CDに関する情報

このサイトはもっと楽しみたい人向けに、知っておきたいCDに関する情報をわかりやすく紹介します。
近年再び注目を集めている、コンパクトディスクについての知識を深めたい人におすすめです。
音質にもこだわりたい場合には、優れたプレーヤーを選ぶことも重要になります。
またレコードのスペックの違いの比較に関しても触れているサイトです。
デジタル情報を記録するコンパクトディスクとは何が違うのか、疑問が解決できるでしょう。

Search