CDとレコードのスペックを比較する

CDとレコードのスペックを比較する

音楽はストリーミングで聴くという選択が主流となりつつあり、インターネット環境さえ整っていれば気軽に音楽を楽しめる時代に突入しています。
しかし実物として商品を購入したいと考える人は多くいて、レコードの独特な音質に惹かれる若い世代も増えていて音楽を楽しむ方法の多様性も広がっています。
CDとレコードではスペックによってどれ程の差があるのかといえば、音質の良さをどこに置くのかによって優劣は変わります。
CDは再生した時の周波数が20Hzから20kHzで、レコードが実際に再生された時の周波数は20Hzから10kHz程度とされています。
CDの方が細かい音までよく聴こえる特性はありますが、レコードも中域から低域にかけて厚みのある音を楽しむことが出来るのが特徴です。
レコードは音の波形で見ると弧を描くようになめらかで、CDはギザギザな曲線を描いていて音のなめらかさという点ではレコードの方に軍配が上がります。

CDの音質とは他と比べてどうなのか

CDは44.1kHzの16bitまで記録できる規格ですが、実際のところ音質についてどうなのか気になるのではないでしょうか。
CDの規格は無圧縮のPCMと呼ばれるデジタルデータを79分58秒まで、最大99トラック記録できるものとして開発されています。
この時間は初期の74分42秒から拡張されており、元々はベートーヴェンのいわゆる第九が1枚に収まるように考案されたものです。
一方、近年話題のハイレゾはこの規格を超える内容で、88.2kHzや24bitといった内容で高音質化が図られています。
ただし、違いを聴き取れるかどうかは別ですし、再生する機器や環境によっても聴こえ方が違ってくるのが現実です。
聴き比べてみれば何となく違うと感じる程度のことも珍しくないので、CDを超えるハイレゾは不要と考える人もいます。
MP3などの圧縮規格と比べれば差は開きますし、現代でも通用する上に容量的に扱いやすいというメリットもあるので、CDはまだまだ現役だといえるのではないでしょうか。

CDに関する情報サイト
CDに関する情報

このサイトはもっと楽しみたい人向けに、知っておきたいCDに関する情報をわかりやすく紹介します。
近年再び注目を集めている、コンパクトディスクについての知識を深めたい人におすすめです。
音質にもこだわりたい場合には、優れたプレーヤーを選ぶことも重要になります。
またレコードのスペックの違いの比較に関しても触れているサイトです。
デジタル情報を記録するコンパクトディスクとは何が違うのか、疑問が解決できるでしょう。

Search